日本の政治家の「かたち」

慶応の大先輩でもある、長島さんが民進党を離党した。

共産党との共闘には賛成出来ないという考え方だ。

今回のこの記事で思ったが、
やっぱり政治家というのは

使う言葉がみんな同じすぎる気がする。

なんだろう。

みんな同じように政治を見るからなのかな。

国民は見てくれている
野党は再編されなければならない
自民党が、、

具体的にどこがみんな同じなのかは、よく分からないけど本当に凄いおなじ

政治に対して、
みんなおなじような視点から見ていたら本当に政治家って意味ないと思う。

ある人はまじめな法律的視点、ある人はテクノロジー視点、ある人はアート、ある人はグローバル、ある人は内向き、ある人は面白さ。

主義思想とかとはまた別の話。
国民への伝え方がみんなおんなじだったら、
面白くないし、

政治家という謎の枠組みに挟まったやーつになってしまう気がする。

選挙方法とかもそうだけど。

あたまおかしくやりたいなあ。

だからこそ都議選のお手伝いは大切になるんだろうな。

という、少し軽めのブログの日でした


もし、また読みたいなと思ってくださったら、是非クリック、もしくはシェアをお願いします!

南 昇吾オフィシャルサイト

気になったこと、面白いと思ったこと、楽しいと思うこと、真面目なことから、真面目なことまでなんでも書きます。自分の全てのページ

0コメント

  • 1000 / 1000