温泉にコミュニティを作るビジネス

残念なことに、日本の若者は、自分のことを「創造的だ」と思っていない。


しかし、それはただ「思っていない」だけであり、日本人の創造性は世界でトップレベルだと言われている。


MITの研究所によると、日本人の複雑性に対する創造性は世界1位。わお。



つまり、日本の若者は創造的なのに、創造性はないとネガティブに捉えてしまっているだけなのだ。


これ、どうにかなりそうだと思わないか。

やっぱり日本って、嫌いになれない。隠された魅力が、今後ゴールドラッシュのように出てきそう。



さあ、行こう。


官公庁の資料をまるパクリさせてもらうと、

若者の余暇活動で増えているのは、

遊園地でもどおライブでも旅行でもなく、

温浴施設やショッピング、SNSなのだ。


確かに。

大江戸温泉物語、IKEAなどで撮った写真をインスタに載せる人たちをよく見る。

良い写メ撮れたらインスタグラムだもんな。


俺は、カフェを作りたかった。

カフェから時代を変えられると思っていたが、


カフェはもう均衡状態であり、新たな参入をするなら、そうとうなイノベーションを起こさないといけない。こりゃあ、ちょっと難しそうなんだ。


そして僕がやりたいことは、カフェを作ることじゃない。

コミュニティを作ってそこから文化を生み出すことだ。


新しいカフェを作って、そこに人を呼ぶよりも、

もともと人が集まる場所で何かを起こした方が、よっぽど早い。



だから、もしかしたらだけど、今、みんながよく行く

「温泉」をテーマとしたコミュニティビジネスができるんじゃないかって。

ありだな。ありだなー。本当にありだなー。


もし、また読みたいなと思ってくださったら、是非クリック、もしくはシェアをお願いします!

南 昇吾オフィシャルサイト

気になったこと、面白いと思ったこと、楽しいと思うこと、真面目なことから、真面目なことまでなんでも書きます。自分の全てのページ

0コメント

  • 1000 / 1000