もう、「ダサい」と言い疲れた



南くんは、色んなことをやってるよね。

そのモチベーションって何処から来るの?



最近、僕の周辺から挑戦的な質問を投げかけられる。

それもそうだろう。ついに僕も大学3年生になってしまった。

就職活動が本格的に近づく中で、お金が入らないことばっかりやってるから笑



ただ、自分を振り返るいい機会だと思って、

色々考えてみることにした。自分って、何に動かされてるんだろう?



今、若林恵さんの『さよなら未来』を読んでいて思ったのが、


あ、自分は、ダサいものをかっこよくする事をやってるな!と。


今までは、

政治を見ながら、「くだらない!」「ダサい!」と言い続けてきた。

だから、俺は政治家になりたいのだろう。

くだらないものを無くして、もっと楽しくやってこうぜ、と。


今までは、

地域のお祭りを、「ダサい」「新しくない」「面白くない」と言ってきた。

だから、俺は今新しい形のお祭りを作ろうとしてるのだろう。


一昨年は、

塾生代表選挙を、「え、高校生かよ」「面白くな!」と言ってた。

だから、去年、もっと面白くて新しい形で立候補したのだろう。


そう考えると、自分は1つ危険なところがある。

それは、専門性がないと言う事。



ダサいものを、かっこよくしている人はいくらでもいる。

じゃあ、自分は、何を軸としながらダサいものをかっこよくするのか?

これを考えていかないとなぁ。

そう思わされる、読書時間でした。



ちゃんちゃん。











もし、また読みたいなと思ってくださったら、是非クリック、もしくはシェアをお願いします!

南 昇吾オフィシャルサイト

気になったこと、面白いと思ったこと、楽しいと思うこと、真面目なことから、真面目なことまでなんでも書きます。自分の全てのページ

0コメント

  • 1000 / 1000