学生の新たな価値基準を作る

高校生は、学校の授業よりも大学受験の勉強を優先させ、

大学生は、大学の成績よりも、より知名度がある就職先を探す。


次のステップに進むための学校教育になっていない時点で、

そのそも教育機関の目的が何であったのかが考えられなくなって来たのではないだろうか。


アメリカの大学教育では、大学から示される成績が非常に重要だ。

しかし、日本は違う、そう思っていたのだが、逆に世界中比較して、

日本ほど大学の評価システムが正当に評価されない国はあるのだろうか。


はっきり言って、日本の大学教育は、世界と比較しても

「大学の評価制度と、現代社会の評価に乖離が起きているのではないか」と思うのだ。



これは大きな大きな断崖絶壁の崖だと思う。

先日、慶応大の教授がfacebookで、

「最近の若者は本当に勉強をしないから、難しい英単語を覚えるレベルの穴埋めさえもできていない。」

そんなコメントを投稿していた。


しかし、学生からしたら、

「あそこまでツマラナイ授業をして、何の意味があるのかも分からない試験のために勉強する必要はないでしょ。まあ単位さえ来ればいいよ。」

こんな感じだろう。まさに自分も同じような感覚で今期の授業を受けている。


もしこれがお互い本当に思っていることであるとすれば、

大学が生徒に対して求めていることは、あまりにも時代にそぐわない教育方針だし、

もしもほとんどの学生が勉強する意味ないと思っているとしたら、日本の将来はだいぶ危うい。



そこで、普通は文句を言って終わりなのだが、

現代は、ちょうど面白い時代で、ブロックチェーンを使った価値主義がひろまろうとしている。

そこで、新たな学生の価値基準を学生で作ってしまえばいいのではないかと考えた。


全員の学生にその評価基準を当てはめる必要はそもそもない。

この考えに面白い、価値があると思った学生が基準を使用し、

この考えが面白い、大学の評価システムよりも価値があると思った社会人が

採用、もしくはインターンだったり、もしくは人としての信頼性に使用するだけに過ぎない。



では、一体どのような価値基準にすればいいのだろうか。

私は、新たなブログシステムとブログランキングではないかと考えている。

より面白いと思える考え方、より新たな考え方を提示してくれる、

もしくはより笑わせてくれる文章、誰もが経験できないことを教えてくれる、

そんなブログによって、自分の価値を作っていけるシステムができれば、


そこにトークンエコノミーを入れることで、

安定した収入を得ながら、毎日の気付きをブログに残しながら生活できる。

また、より信頼性のあるブログを書く人は、数値として価値が表示されるようになる。


さあ、このブログによる数値って、大学教育と比べて、色いろ異なることがある。

まず最初に、ブログに答えはない。より個性を出さなければならないのだ。

そして、個人によって情報が偏り、大学のような教育を受けられないのではないか。

偏れば偏るほど、信頼性が上がるのであれば、その人は今の時代では価値のある人間に過ぎない。

偏りがイデオロギーであれば、評価が上がらないだろう。政治的な主義主張については、まだ難しい。


もしこれが可能になれば、大学よりも面白いかもしれなくなる。

例えば、ブログにはタグがある。


もしも、タグが授業になったらどうなるだろうか。

「哲学」という授業であれば

読むべき本や動画がしめされ、生徒はそれに沿ってタグでやることを提出できる。

みんなでそれを読んで評価したり、議論が可能になるのだ。

今のような、一方的に教授と生徒だけが文章を読めるという閉鎖された状況で無くなる。



どうですかね。これ。
















もし、また読みたいなと思ってくださったら、是非クリック、もしくはシェアをお願いします!

南 昇吾オフィシャルサイト

気になったこと、面白いと思ったこと、楽しいと思うこと、真面目なことから、真面目なことまでなんでも書きます。自分の全てのページ

0コメント

  • 1000 / 1000