とり会えず、ブレードランナー2049を観て欲しい

本当にわからない。

あの映画はよくわからない



連載を読んだり勉強したけど、映画館でみる、あのブレードランナーの世界は計り知れなかった。




きれーいな、おそらく現代ではフォトジェニックと言われる世界の中、

その中に芽生える、恐ろしいほどの虚無感と、恐怖。



展開がわからなくなるほど遅くて、さらに焦りに追いやられる。

そこで行われる、人間とクローンとロボットとAIの争い。

いや、しかも争いじゃない。なんだ、小競り合いを遠くから俯瞰してる感じ。


わからない。わからない。

あのドーンっていう音と、オレンジの描写がとにかく忘れられない。

すごいものなんだけど、何かが変な恐ろしい感覚。



もう1回観て、連載をしっかり読んで、関連図書を読んで、もっかい考える。

ブレードランナーは原作でも大きな議論となったくらい、

カルトレベルの人気を少しずつ作っていった謎作品。


スターウォーズが明るい未来だとすると、

ブレードランナーは完全に闇らしい。


ということで、みんなもみてコメントをください。

みんなの意見も聞いてみたいです。


参考になりそうな記事をめもしておく。







もし、また読みたいなと思ってくださったら、是非クリック、もしくはシェアをお願いします!

南 昇吾オフィシャルサイト

気になったこと、面白いと思ったこと、楽しいと思うこと、真面目なことから、真面目なことまでなんでも書きます。自分の全てのページ

0コメント

  • 1000 / 1000