グットウィルハンティング


なぜ人はアイドルを応援するのに、政治家を応援しない!?


というのは置いておいて、
昨日は映画を観た。

ロビンウィリアムズ、マットデーモンの
Good Will Hunting

南ボストンに住むウィルは若い頃家族から暴行を受け、学校へも行かず問題児とされてしまってきた。社会を断絶し仲良いメンバーと酒を飲み女と遊び、敵グループと喧嘩をする。
そんな生活をしているウィルには隠された才能を持っていた。読んだ本はすべて記憶してしまうのだ。

図書館へ行き、ニーチェやシェークスピア、フロストなどの本を読み漁り、大学へ行かなくても月1ドルで勉強はできると自負していた。

そんなウィルはMITで清掃員をしながら、未だかつて数人しか解くことのできなかった超難問をMITで解いてしまう。

ウィルの才能に気付き、社会へと貢献させたいMIT教授、そしてウィルの気持ちに立って自由に生きさせたいもう1人の地元カレッジの教授(ロビンウィリアムズ)

彼とウィルの対話が2人の人生を大きく変えていく。

今日はある気になるシーンについてだ。

ロビンウィリアムズ演じる教授ととマットデーモン演じるウィルの対話のシーン

親友はいるか?(soul mate)

これは、
自分の魂を揺らがず人。
自分に挑戦してくる人。の事を指す。

ウィルは答える。

シェークスピア、ニーチェ、フロストだ。と

全員死んでいる人の名前を言った。
彼には本気で心を打ち明けて真剣に話のできる友達がいなかった。

お前は何がしたいんだ?(What do you really want to do?)

こんな質問に彼は答えることができないのだ。

彼が得ていた知識は全て本などの情報であり、自分から何かをしたことが無かった。

ヨーロッパへ行って神殿の空気を吸ったわけでもなく、ボストンから出たこともない。

彼の話すことはすべて本の文章通り。
彼の考えというものが無かったのだ。

いくらすごいやつでも、生きる目的が無ければ、人は腐ってしまいかねない。

そんなことを知れた気がした。

これから何回も観たいと思う。
テスト期間中に笑 


もし、また読みたいなと思ってくださったら、是非クリック、もしくはシェアをお願いします!

南 昇吾オフィシャルサイト

気になったこと、面白いと思ったこと、楽しいと思うこと、真面目なことから、真面目なことまでなんでも書きます。自分の全てのページ

0コメント

  • 1000 / 1000